2010年06月25日

招き猫物語

3292.jpg









ある日

ねこ喫茶とうせいの前を通りかかり

気になって窓越しに中をのぞいてみると




一匹の猫が

自分の事を見つめているのに気がつきました。




なんとなくその姿が気に入り、

その時は急ぐ用事があったので

今度是非、来てみようと思いました。







5月の連休後

時間が取れたので

早速訪れてみました。




すると

8匹の猫のうちの1匹が

手招きをして自分の事を見つめています。





その猫は

先日ねこ喫茶とうせいをのぞいた時に

自分を見つめていた猫でした。





その猫は

自分が手を差し出すと

駆け寄って来て膝の上に乗り、




招き猫のポーズをとった気がしました。







今思えば

この猫は

自分の顔をなでただけだったのかもしれません。




でも

その時は招き猫の仕草をしてくれたように思い、




何かいい事が起こるのではないかと

思いました。









するとその後、

周りの環境に変化が現れました。








第一に

絶交を言い渡されていた友人と

友人関係が元に戻り、



親睦を深める事が出来ました。






第二に

うまく行かなかった仕事が

嘘のように




やる事なす事

うまく行くようになりました。








第三に

少し腰が痛かったのですが

その痛みが和らぎました。









ねこ喫茶とうせいの

招き猫。




自分の周りの環境を

変えてくれた気がして

ならないのです。













*****



この話は

ご本人のお話を元に




ねこ喫茶とうせいのママの娘が

編集させていただきました。






ねこ喫茶とうせいの猫ちゃん達。






あなたにも幸福を

持って来てくれるかも♪







posted by CHIKAKO at 12:30| 神奈川 | Comment(0) | ねこ喫茶とうせいのいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。